薬剤師の転職と企業などについて

仕事を変える率が高い理由の一つとして女性が多いことが挙げられます

薬剤師 転職  / 薬剤師のための転職サイト探し!|転職HAKASE

薬剤師の就職先で現在最も多いのは調剤薬局です / 仕事を変える率が高い理由の一つとして女性が多いことが挙げられます / どのような状況に置かれても、自分の資格をしっかりと生かせる

まず、仕事を変える率が高い理由の一つとして、医療系に就いている人が女性が多いことが挙げられます。
女性は結婚や妊娠、出産をきっかけに一度退職する人が多いことがデータから明らかに分かっており、また、国家資格で手に職のある仕事なので、一度自己都合で退職したとてもすぐに復帰に向けて、転職活動することで就職先を見つけるが可能です。
自分自身や家庭の都合のほか、常勤の方で最も多い悩みは「人間関係の悩み」であり、女性が辞めてしまいやすい一番の利用であり、全体の退職率の2〜3割を占めています。
女性の多い職場では、特有の嫉妬や妬み、管理薬剤師が先に帰ってしまって自分ばかりがサービスを残業している、上司が自分の仕事ぶりをしっかり見ておらず実績を認めてもらえない、仕事をしても達成感がないなどが挙げられます。
また、企業グループ内で店舗異動になった場合も、前の店舗では業務も人間関係もそつなくうまくこなしていけていたのに、次の新しい店舗では従業員たちとも全くソリが合わず、業務しにくいなどの状況に陥るなどで、新たな転職先を探すことになってしまいます。
逆に辞める前に一度上司に交渉して違う店舗に異動させてもらえるかなど、ゆっくり相談してみることも解決の糸口の一つです。
そのほか、転職の理由で多いと言われているのが、現場での「給与が低い」ことです。
ある程度経験を積んでから職場を変えることで昇給自体は可能であり、年齢、常勤や非常勤などの雇用形態、職歴になどによって異なってきますが、少なくとも年収で30万円以上のアップが見込めるでしょう。