薬剤師の転職と企業などについて

薬剤師の就職先で現在最も多いのは調剤薬局です

「薬剤師」は国家資格であり、勤務場所には大学病院や総合病院、調剤薬局やドラッグストア、行政や一般企業、製薬会社、研究所などさまざまな就職先が挙げられます。
その中でも現在最も多いのは、一昔前と異なり医薬分業制をきっかけに、薬局が新規で独立して立ち上げるところが多くなってきた調剤薬局です。
また、一般薬や日用品などを扱うドラッグストアでも調剤併設型店舗の増加に伴い、ニーズが増えたために働く場所がさらに拡大しました。
そして、これから高齢者社会がどんどん進んでいく中で、薬剤師という仕事は需要がかなり高いとされており、医療に携わる以外の数多くの企業や業界などが人材を欲している資格の一つです。
常に人材を欲しているところが多く、基本的に1回の面接で内定が決まるなど、就職には困らないという特殊な強みのある一面を持っている職種と言えます。
大手の企業では毎年200人〜300人規模で募集をかけているほどの人気で、就職活動はさほど苦労することはないでしょう。
就職しやすい職種ナンバー10には入っている「薬剤師」も、一方では転職率がかなり高いことでも有名です。
全国で働く資格所有者たちの男女比は4対6で女性の方が多い状況であり、卒業する大学や専門学校での在籍の比率も大きく変わりません。
もちろん、職場や勤務場所によっても男女の比率は異なりますが、女性の方が職についているのが多いことが特徴です。

Med bedを無償で運用するとしたら、

仕事としてというよりはボランティアなので、

医師とか看護師などは、交代でやるかもしれませんね。
お金は、それぞれ起業していれば大丈夫です。


薬はなくなると思うので、薬剤師は転職するしかないと思います。


皆、起業すれば大丈夫です。
https://t.co/OTUvwbMIDX

— 零の人 (@densonshin) March 5, 2020

薬剤師の就職先で現在最も多いのは調剤薬局です / 仕事を変える率が高い理由の一つとして女性が多いことが挙げられます / どのような状況に置かれても、自分の資格をしっかりと生かせる