結婚祝いマナー

結婚式の贈り物の際はマナーをもって心地よいプレゼントをしたいものですね。ここでは結婚祝いとして贈り物をする際のマナーや気を付けたいポイントをご紹介します。

お祝いの品はどのタイミングで贈る?

似顔絵でサプライズでの新郎新婦様に贈る場合は結婚式の2次会などで直接渡される方が多いです。一方市販のお祝いの品物を贈るときは、郵送で直接ご本人様の家に贈ることが多いと思いますが、マナーとしては招待状を受け取ってから贈るようにしましょう。
招待状を受け取る前から送ってしまうと、結婚式の招待を催促している印象を受け取ってしまうかもしれないからです。
贈るのは招待状を受け取ってからですが、遅くても式の1週間前までに贈るのがお勧めです。

タブーとされる結婚祝いの品物って?

結婚祝いにはタブーとされている品物があります。代表的なのがハサミやナイフ、包丁といった刃物系です。これらは「縁を切る」という意味を連想させるということで昔からのタブーとなっています。
他には「壊れる」可能性のある陶器やガラス食器や、「喪」を連想させる黒い品物です。

とはいっても最近ではそのようなことを気にしない人も増えてきていますので、もし新郎新婦様がご希望するのであればこれらの品物でも問題ないと思います。

事前に贈る品物を聞いてもいい?

受け取るご本人様にとって一番なのは「ほしいものをもらえる」ということだと思います。そのためご本人様に聞いて欲しいものをリクエストしてもらうのは全く問題ないと思います。
親しい間柄でしたら、予算も事前に伝えてこの金額で「欲しいものを贈りたい」と伝えればいいと思います。金額が高額な予算にしたいなら友人同士が集まって、連名で贈ると受け取る側も高額な金額に対する抵抗もなく、受け入れやすくなります。

このページの先頭へ